親譲りとはおもいたくない 育毛剤で何とか

親譲りとはおもいたくない 育毛剤で何とか

 

私の親父もお爺さんも60歳くらいになるとツルツルの頭になっていました。

 

母の兄も、父親も何としたことかツルツルの頭でした。私の頭髪が薄くなってゆくことは血統書つきなのです。

 

今は食生活などの環境が違うから、そんなことにならないと思っていましたが、30半ばの頃ついに警戒する状態に至りました。
人に言われて始めて気がつきました。三面鏡で頭の天辺を映し出してみました。なるほど少し薄くなっていると納得しました。  

 

 

 

行きつけの床屋さんで相談しました。

 

頭皮を清潔にすること、頭皮のマッサ-ジを根気よくすること、育毛剤を付けることをやってみたらどうかと教えてくれました。

 

育毛剤は店の主人がいいのがあるからと薦めてくれた物を一本買いました。

 

頭皮の洗い方も下の方から丹念にもみほぐすように頂上に向かって洗う方法を伝授してくれました。

 

頭皮が弛んできて頭髪に負担がかかると頭髪が抜け、新しい毛が育ってこなくなるので、頭髪を丹念にマッサ−ジすることを教えてくれました。

 

そしてその後頭髪の水分をしっかり拭い取って育毛剤を毛穴に塗り込むようにつけて貰ったら効果が出ますよと指導してくれました。  

 

 

 

しかし、今のところまだ効果は見られません。良い悪いの問題でなく、この方法が育毛に効果があるのだろうかと私は思っています。

 

しかし続ける以外に方法はありません。毎晩お風呂で時間をかけてマッサ−ジをやっています。